転職のための自己分析の方法

もしも転職を考えているならば、まずすべきことは、経歴の棚卸しである自己分析です。なぜ、事前に自己分析をしておくことで、転職活動がうまくいき、面接にもプラスになると言われているのでしょう。

これまで自分が積み上げてきた経験、スキルにはどのようなものがあるか、一からの自己分析によって見えることがあります。自分自身がどんな業界に向いているか、どんな職種が適職なのか悩む人も多いのではないでしょうか。しっかりと自己分析をして自分を理解すると、面接で相手に自分を理解してもらうことができます。

会ったばかりの人に対して、自分の良さを知ってもらうことが、面接では必要です。採用担当者に向けて、自分は求人に記載されていた仕事の内容がこなせる人材であることを、理解してもらうことが大事です。この時に役立つのは、自己分析で得た、自分は何ができる人間かということです。

これまでの経験についてしか、面接の場では語ることがなく、自分を売り込む材料につなげられなかったという方もいます。今までした仕事がなぜ成功したのか、どのような能力が役立ったのかを自己分析すると、うまく整理することができるのではないでしょうか。

仕事上の失敗を分析して、なぜ失敗したのか、成功するためにはどうすれば良かったのか、どのようなことを学んだのかなどを分析していくことが大切です。転職活動を成功させるには、自己分析がとても大事なことなのです。

東京 都市圏応援ナースのことならナースパワー人材センター