リバウンドしやすい食事制限によるダイエット

ダイエットのために食事制限をしたことがあるという人なら、リバウンドをしたこともあるのではないでしょうか。食事制限の進め方ややめ方にも大きく関係しています。本来ダイエットとは、自分の健康を維持するために、増えすぎた体重を減らすというものです。太るということは、その人自身の食生活や日頃の生活習慣などによって起こっていることです。ダイエットプランをきちんと立てることが、ポイントになります。やたらと食事制限をしていれば体重が減るという行き当たりばったりの方法は、よくはありません。人間の体は、摂取カロリーと消費カロリーとのバランスで体重が増えるか減るか決まるようにできています。使いきれないカロリーがあると、脂肪となって体内に蓄積されます。大まかには、人間の体重はそうやって決まります。食事制限によってダイエットをするというのは、摂取エネルギーを抑えることになるので、そういう点ではダイエットの理屈には合っています。人間の体は食事制限に慣れていく機能を持っています。摂取カロリーを減らしても、体をうまく順応させていきます。食事制限に体が慣れると、食事量は減らしているのに体重が減らなくなったり、運動を続けても期待通りの効果が上がらないようにもなります。停滞期は、リバウンドのきっかけになります。停滞期の最中に食事を元どおりにすると、一気に体重が増えてしまうためです。極端な食事制限によってダイエットを行うとリバウンドのリスクが高まりますので、長期的な計画を立ててのダイエットがいいでしょう。