ブラック病院ってなんか嫌

患者さんにとって病院は医療を平等に提供してくれる場所だと思ってる。
実際にそういうところもあるけど、そうじゃないところもある。
経営する人や医師がそういうことの方向性を決めてるんだな。
まるでドラマの世界だけど、案外現実に近いところもあるのだよ。

それと似てるけど、勤務する医療スタッフにとっても不平等な病院はある。
あるのだよ…ふふふ
最近よく言われる「ブラック病院」
黒い病院。黒い病院の看護師…なんだか怖いぞ^^;
白い天使ではなく、黒い天使なのか?
いやいや違うって。看護師にとっても他のスタッフにとっても働きにくい病院を言うんだな。
残業めちゃ多し、オンコール鳴りっぱなし、夜勤人足りず、休日少な目、給料少な目…。
まったく良い事がない病院。
そういう病院に限って、条件のいい求人をだしているからなぁ。
雇われる側としては、入職してみなければ実際の様子は大抵わからない。
だから転職しても、すぐに辞めてしまい、履歴書の職歴欄が無駄に増えてしまうわけだ。

本当に行きたい病院がみつかったときに、後悔するのだよ。
面接で、転職理由を聞かれても、胸を張って言えないのだよ。
「ここはブラック病院でした」…とは。

やっぱりですね、事前に現場の様子や病院全体の様子は調べないとダメですね。
そういう時には第三者の機関。たとえば看護師の転職をサポートしている人材紹介会社とか。
まあ、探偵を雇って調べさせるところまでは必要ないだろう。
でも、できればその病院に出入りしているリネン業者さんとかMRさんとか。
そういった人の話しは聞きたいね。

あと、看護師はじめ医療スタッフが働きやすい病院を紹介しているホームページとかもあるから、
それを参考にするといいかもしれない。
転職しやすい空気がある今だけど、やっぱり転職回数は少ない方が受けはいいんだな。
これぞ日本!…なんちゃって。
働きやすい札幌の病院